SOLAR SPEC MINI
(出所:Wave Energy)
[画像のクリックで拡大表示]

 Wave Energy(東京都港区)は2月15日、高圧盤とパワーコンディショナー(PCS)を一体化した太陽光発電システム「SOLAR SPEC」の新製品として、太陽光パネル下に設置できるコンパクトモデル「SOLAR SPEC MINI」を発表した。PCS容量は330kW。目標販売価格の単価は17円/Wで、販売目標は年間500MW。

 接続箱の機能とPCS、高圧盤、変圧器を一体化した。接続箱や集電盤が不要で、高圧ケーブルに接続するだけで容易に施工できるという。2tトラックで運べる大きさで、ゴルフ場のカート道のような細い道からも搬入できる。複雑な地形にも柔軟に対応でき、造成工事や基礎工事などの施工コストも削減できるとしている。

 PCSは安川電機製(166kW×2台)のほか、他社製も選択できる。変圧器容量は330kVA(ダイヘン製、三菱電機製も選択可能)。交流電圧は6600V、直流電圧は1500Vに対応。ストリング数は50回路以下。熱量の多い変圧器を外部に設置し、盤内部の温度上昇を防いだ。

 このほかにも、高機能遠隔監視・制御システム「SOLAR WATCH」に対応する。遠隔監視に加えて制御機能を備え、現地に行かなくてもインターネット経由でPCSのオンオフ切り替えが可能。SOLAR SPEC MINIと同時に導入できる。