「クルマの小型化、電動化、自動化が進むことで、自動車メーカーの利益率は2030年に半減するリスクがある」──。デロイト トーマツ コンサルティングのシニアマネジャーである柴田信宏氏は、日経Automotiveが2017年2月8日に開催したセミナー「2030年、自動車産業はこう変わる」で、このように述べた。

ここからは会員の登録が必要です。