いちご芽室西士狩ECO発電所
(出所:いちご)
[画像のクリックで拡大表示]

 いちごは、北海道芽室町に出力約1.32MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「いちご芽室西士狩ECO発電所」を建設し、2月5日から発電を開始した。

 個人の遊休地に太陽光パネル4576枚を設置した。年間発電量は約165万2000kWhを見込み、一般家庭約460世帯分に相当する。太陽光パネルはノルウェーのREC Solar製、パワーコンディショナー(PCS)は中国HUAWEI製を採用した。EPC(設計・調達・施工)サービスは日本電設工業が担当した。

 いちごグループでは、2月5日現在で35案件、累計101.77MWの発電所が稼働している。今後、2019年2月期以降に44件、累計134.18MWまで拡大する予定という。同社グループでは、いちごグリーンインフラ投資法人が2016 年12 月に東証インフラ市場に上場し、いちご所有の15 発電所を譲渡している(関連記事) 。