仏Dassault Systemes社SOLIDWORKSブランドCEOのGian Paolo Bassi氏は同社のイベント「SOLIDWORKS WORLD 2017」(2017年2月5~8日、米Los Angeles Convention Center)での基調講演と記者会見で「今後CAD(Computer Aided Design)は設計者を支援(aid)するというより、設計者の能力を拡張できるComputer Augmented Designであるべきで、それを実現するツールの開発を進めている」などと述べた。そのさらに先の時期に、人工知能(AI)の1つである機械学習を応用した機能を盛り込む考えも示した。

ここからは会員の登録が必要です。