日立GEニュークリア・エナジー(日立GE)と国際廃炉研究開発機構(IRID)は、東京電力福島第一原子力発電所の廃止措置に向けて、原子炉格納容器(PCV)の内部を調査するロボット「PMORPH(ピーモルフ)」を開発した。名称のPMORPHは、原子炉格納容器を表す「PCV」と昆虫の形態変化を意味する「Metamorphose」を合わせた造語で、このロボットの機能を示してる。

ここからは会員の登録が必要です。