「デンカシンキ×NTTスマイルエナジーのフリーソーラープロジェクト」概要
(出所:NTTスマイルエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
PPA事業のビジネスモデル
(出所:NTTスマイルエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
「フリーソーラープログラム」による太陽光パネルの設置例
(出所:デンカシンキ)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTスマイルエナジー(大阪市)は2月1日、太陽光関連事業を手掛けるデンカシンキ(松山市)とビジネスパートナー契約を締結し、住宅向け太陽光発電システムのオーナーとして「第三者保有モデル(PPA)」事業に参入すると発表した。

 デンカシンキが進めてきたPPA事業「フリーソーラープログラム」にNTTスマイルエナジーが太陽光オーナーとして参加し、新たに「デンカシンキ×NTTスマイルエナジーのフリーソーラープロジェクト」として事業をスタートする。

 太陽光オーナーとして、NTTスマイルエナジーは、「NTTグループとして数十億円投資し、来年度半ばごろまでにまず1000件の搭載を目指す」(NTTスマイルエナジーの小鶴慎吾社長)。将来的には、1万~10万軒規模に拡大していきたいという。

 デンカシンキは2016年10月から太陽光のPPA事業をスタートさせ、提供開始から約1年で約600件の住宅に搭載されてきた(関連記事)。住宅のオーナーにとっては初期負担がなく、太陽光の自家消費分として支払う金額の累計が設備譲渡ラインに達した時点で無償譲渡される。無償譲渡ラインはシステム設置価格と同額になった時点で、平均して9年程度という。

 NTTスマイルエナジーはこれまで、同事業向けに太陽光を遠隔監視し、スマートメーターによって自家消費分を課金計測するシステム「PPA用エコめがね」を提供してきたが、今回それに加えてグループ内で資金調達して太陽光のオーナーになることでさらにPPAビジネスを推進する考えだ。

 太陽光オーナーとして、自家消費によるPPA料金と、余剰電力を固定価格買取制度(FIT)によって電力会社に売電した分が利益となり、投資回収を行う。予想されるIRR(内部収益率)などは公表していない。

 デンカシンキは、新プロジェクトでは、住宅向けの営業、課金、EPC(設計・調達・施工)事業者として参加し、太陽光パネルとパワーコンディショナー(PCS)を調達する。太陽光パネルは、長州産業の単結晶シリコン型(250W/枚)、PCSは同じく長州産業の定格出力5.5kW機を採用する。自家消費分の検針・請求業務は、同社グループ会社の新電力である、坊ちゃん電力(松山市)が行う。

 NTTスマイルエナジーは、太陽光のPPA事業について、学校向けには柴田産業(名古屋市)と、カーポート向けについてはファブスコ(福岡市)およびオムロンと提携して進めている。「用途ごとに適したパートナーを選択して、再生可能エネルギーを最大限導入していきたい」(小鶴社長)としている。