Liイオン電池ユニット
(出所:エリーパワー)
[画像のクリックで拡大表示]
ハイブリッドパワーコンディショナー
(出所:エリーパワー)
[画像のクリックで拡大表示]

 エリーパワー(東京都品川区)は、太陽光発電システムと連携動作するハイブリッド型の蓄電システム「POWER iE5 Link」を4月から出荷開始する。蓄電池ユニットの容量は1台・5.4kWhで、最大2台まで接続可能。価格はオープン。

 太陽光パネル用と蓄電池用を兼用するハイブリッド型のパワーコンディショナー(PCS)とLiイオン蓄電池ユニットから構成される。太陽光で発電した電力を直流(DC)から交流(AC)に変換することなく、直接蓄電池に貯められるため、変換ロスを抑えられる。

 予想実売価格は、5.4kWhモデル(ハイブリッドPCSおよび蓄電池1台の構成)が180万円前後、10.8kWhモデル(ハイブリッドPCSおよび蓄電池2台の構成)が280万円前後。初年度1万台の売り上げを見込む。

 PCSの定格出力は通常時5.5kW、停電時最大2.0kW。蓄電池からの最大出力は2.0kWで、2台接続(10.8kWh)時で最大240分間電力を供給できる。

 従来機と比べて約半分に小型軽量化した。ハイブリッド型PCSは壁掛け式とすることで、設置面積を省スペース化した。Liイオン蓄電池システムは、零下20度の寒冷地でも安定して電力を供給できる新型電池を搭載した。

 今後のIoTサービス提供を視野に、LTEとBluetooth 5に対応したM2Mルーターを標準搭載した。NTTドコモ回線を活用した24時間365日、状態を見守る「ごあんしんサービス」を提供するほか、ネットワーク経由によるソフトウエア自動アップデートにも対応する。

 HEMS(住宅エネルギー管理システム)は、ECHONET LiteのほかD-HEMS 3(大和ハウス工業)、AiSEG2(パナソニック)などに対応し、幅広い家電製品や住宅設備機器と連携できる。