フェーズ4では太陽熱発電を採用

 イノベーションセンターは、MBRを訪れる見学者や視察者に持続可能性やクリーンエネルギー技術に関する啓もう活動を行う目的で建設する。

 地上4階建て、全高90mと高く、MBR全体を一望できる展望台を併設する。周囲に高い建築物が他にない砂漠では、かなり遠くからも見えることになりそうだ。

 今回の取材ツアーでも、報道陣一同が乗車したバスがMBRに向かって走っていた時、建設中のイノベーションセンターが真っ先に視界に飛び込んできた(図3)。

図3●左側下に見えるのがMBRの「イノベーションセンター」。手前はH.H. Sheikh Mohammed bin Rashid Al Maktoum氏の肖像画の看板。これ自体も各種の太陽電池で作られているようだ
(撮影:日経BP総研 クリーンテック研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 研究開発センターは2020年の完成を予定しており、DEWAによると太陽光発電、スマートグリッド、省エネルギー、太陽光による淡水化、という主に4つの技術分野で研究や開発に取り組むという。

 今回、公開されたのはMBRの「フェーズ3」と呼ばれる段階のプロジェクトで、用地の面積は16km2、連系出力は800MW(表1)。

表1●「Mohammed bin Rashid Al Maktoum Solar Park」の開発フェーズ概要
フェーズ連系出力稼働時期技術
113MWOct-13PV (CdTe)
2200MWMar-17PV (Si)
3800MWApr-20PV (Si)
4700MWJun-22CSP

 MBRのフェーズ1(容量13MW)とフェーズ2(同200MW)は、既に完成しており、現在稼働中である。フェーズ4では太陽光発電ではなく集光型太陽熱発電所(CSP)を建設する(関連記事3)。CSPは、構造的にエネルギー貯蔵(蓄電)機能も持っているためだ。

 蓄電池を併設しない限り、太陽光発電だけでは夜間や曇天時に十分な電力の供給ができない。CSPを併設すれば、ドバイの夜間の電力需要の相当分を賄うことが可能とみられる。

 DEWAがCSPをMBRの一部に組み込んだ背景には、マスダール社がアブダビに建設し現在稼働中のCSP「Shams-1」(出力100MW)でその有効性を確認したこともある(図4)。

図4●マスダール社がアブダビに建設した100MWの集光型太陽熱発電所「Shams-1」
(出所:Masdar)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、今後Liイオン電池のコストがさらに下落すれば、フェーズ4以降では太陽光発電と定置型蓄電池の組み合わせがCSPを駆逐する可能性もある。