• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

キヤノンメディカル、ファインデックスと業務提携

医療情報システム事業を強化

2018/01/30 11:30
増田 克善=日経デジタルヘルス

 キヤノンメディカルシステムズは、ファインデックスと医療情報システム事業に関する業務提携を発表した。キヤノンメディカルシステムズの医療情報を収集・統合・可視化する医療情報ソリューションと、ファインデックスが強みを持つ画像ファイリングおよびドキュメントソリューションを組み合わせることで、医療機関での診療効率や診療の質の向上を支援していく。

 ファインデックスは、大規模病院からクリニックまで医療施設内の検査データや文書データなどを一元管理・利活用するためのファイリングシステムやドキュメントシステムを多くの施設に幅広く提供している。また、医療データ集積・解析事業やデータヘルス事業にも取り組んでいる。

 キヤノンメディカルは先頃、医療データを共有・統合する医療情報統合管理システム「Abierto VNA」、蓄積したデータを表示・利活用する医療情報統合ビューア「Abierto Cockpit」の「Abiertoシリーズ」をリリースした(関連記事)

 両社はベンダーニュートラルという考え方の下、それぞれの強みをもって互いに補完しあうことで、より大きなシナジーを生み出せると考え、業務提携に至ったとする。研究開発面での提携および全国各地の販売網を活用した両社製品の販売促進も進めていく。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング