「Gシリーズ」の施工例
(出所:LIXIL)
[画像のクリックで拡大表示]

 LIXILは、短辺826mmの新サイズを採用した太陽光パネル「Gシリーズ」を2月1日から受注開始する。狭小住宅や複合屋根など搭載量が限られる物件でも大容量発電が可能で、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の普及促進に貢献するという。

 標準サイズのF(1638×828mm)と、さらに約80%サイズのS(1322×828mmm)の2種類をラインアップした。どのような屋根形状でも効率的にパネルを敷き詰められ、大容量の設置が可能という。

 太陽光パネルは、セル(発電素子)内部に形成されるパッシベーション膜によって光を反射させる新技術を用いた単結晶PERCセルを採用した。Fサイズは公称最大出力250W/枚、モジュール(パネル)変換効率18.48%。Sサイズは公称最大出力195W/枚、モジュール変換効率17.86%。

 同社製のアルミ架台「ソーラーラック」に対応し、傾斜屋根に設置できる。縦桟と横桟を組み合わせることで、強度を高める垂木施工が可能。

 Fサイズのパネル18枚(3段6列)とパワーコンディショナー(PCS)のシステム構成(定格出力4.5kW)の場合の価格は271万5000円(税別、ソーラーモニター、架台、配線材、設置工事費は含まず)。自社比120%の販売拡大を目指す。