DREAM Wind愛媛西予の完成イメージ
(出所:大和エネルギー)
[画像のクリックで拡大表示]
道路近傍での建設
(DREAM Wind佐田岬における施工例)(出所:大和エネルギー)
[画像のクリックで拡大表示]
送電設備の地下埋設
(DREAM Wind佐田岬における施工例)(出所:大和エネルギー)
[画像のクリックで拡大表示]

 大和ハウスグループの大和エネルギー(大阪市)は1月22日、愛媛県西予市宇和町において、合計出力16MWの大規模風力発電所「DREAM Wind愛媛西予」の建設に着手した。同県伊方町の「DREAM Wind佐田岬」に続く同社2カ所目の風力発電所となる。売電開始は2019年11月の予定。

 土地所有者から約4.3haの用地を賃借し、標高約400~450mの山林内に単機の定格出力2MWの風力発電設備8基を設置する。年間の発電量は3万5000MWhを見込み、これは一般家庭約8000世帯分の消費電力に相当する。また、年間1万4805tのCO2排出抑制効果を見込み、スギ林に換算すると約1180ha分に相当する。

 環境面に配慮して自然環境を極力現状のまま残し、風車の建設場所もなるべく道路の近傍にして樹木の伐採や造成を最小限に留めるという。さらに各風車間、風車と変電所間の送電設備のほとんどは地下埋設で施工する。

 風車は日立製作所製でローター直径86m、タワー高さ78m。設計・施工は日立製作所、清水建設、四電エンジニアリングが担当する。総事業費は約67億円。売電先は四国電力で売電単価は22円/kWh、20年間で約154億円の売電収入を見込む。

 大和ハウスグループは、創業100周年にあたる2055年を見据えた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を2016年度に策定した。現在、2030年までに事業活動における購入電力量に相当する再生可能エネルギーによる発電を目指し、自社施設や遊休地などへ風力発電および太陽光発電の導入を進めている。