• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

お薦めトピック

da Vinci手術の保険適用、一挙拡大

肺がんや食道がんなど新たに12件に適用へ

2018/01/24 08:30
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 厚生労働省の中央社会保険医療協議会(中医協)は2018年1月17日の総会で、2018年度診療報酬改定におけるロボット支援下内視鏡手術への保険適用について議論した。既に保険が適用されている前立腺がんと腎臓がんに続き、肺がんや食道がん、胃がんなど新たに12件への保険適用を承認した。米Intuitive Surgical社の手術支援ロボット「da Vinci Surgical System(通称:ダヴィンチ)」を使う手術、いわゆるダヴィンチ手術の保険適用対象が一挙に広がる形だ(関連記事)。

表1●平成30年度診療報酬改定において対応する優先度が高いロボット支援下内視鏡手術(案)(出所:厚生労働省)
クリックすると拡大した画像が開きます

 ロボット支援下内視鏡手術に関しては、2018年度診療報酬改定に向けて各領域の学会から計15件の提案があった。2017年10月23日の医療技術評価分科会で議論し、その後、各提案について分科会委員による評価を行った。

 今回はこれを受けて、ロボット支援下内視鏡手術のうち、分科会委員による評価において既存技術と同等程度の有効性・安全性があるとされたものについては診療報酬改定で対応する優先度が高い技術とすること、保険適用を検討するに当たっては、施設基準としてロボット支援下内視鏡手術や関連する手術の実績、関係学会によるレジストリに参加するなどの要件を設けることを検討すること、などが提案された。その上で「2018年度診療報酬改定において対応する優先度が高いロボット支援下内視鏡手術(案)」を、表1に示した12件に定めた。

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング