• ビジネス
  • xTECH
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
ニュース

太陽光関連の倒産、4年連続増加も歯止め傾向、帝国データ

2018/01/18 17:42
工藤宗介=技術ライター
印刷用ページ

 帝国データバンクは1月16日、2006~2017年の太陽光関連業者の累計倒産件数は288件に達したとの調査結果を発表した。2014年から4年連続で増加しており、2017年は前年比31.3%増の88件に達した。

太陽光関連業者の倒産件数と負債総額の推移
(出所:帝国データバンク)
クリックすると拡大した画像が開きます

 その一方で、2017年上半期(1~6月)は前年同期比117.4%増の50件だったのに対し、2017年下半期(7~12月)は同13.6%減の38件に減少し、増加傾向に一定の歯止めが掛かった可能性もあるという。また、2017年の負債総額は前年比9.2%減の302億4600万円で、3年ぶりに減少した。

 2006~2017年の倒産様態別では「破産」が271件(構成比94.1%)、「特別清算」が9件(同3.1%)。その一方で「民事再生法」は8件(同2.8%)、「会社更生法」はこれまで発生しておらず、再建型の法的整理で事業を継続できた企業は少なかった。

 資本金別では「1000万~5000万円未満」が147件(同51.0%)、「100万~1000万円未満」の106件(同36.8%)となり、資本金5000万円未満の中小企業が全体の91.7%を占めた。地域別では「関東」が107件(同37.2%)、「中部」が48件(同16.7%)、「九州」が44件(同15.3%)、「近畿」が40件(同13.9%)。

  • 記事ランキング