東芝は、2つの事業会社、東芝インフラシステムズと東芝エネルギーシステムズにおける人員対策の実施を発表した。不適正会計問題や原子力事業における損失発生に端を発する、新事業体制の中核を担う事業会社として、東芝インフラシステムズは2017年7月1日に、東芝エネルギーシステムズは同年10月1日にスタートしたばかりである。

ここからは会員の登録が必要です。