発電所の様子
(出所:日本アジア投資)
[画像のクリックで拡大表示]
発電所の様子
(出所:日本アジア投資)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本アジア投資は1月6日、三重県に3サイトで合計出力4.3MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)を完工したと発表した。2016 年12 月20 日に竣工式を開催した。

 伊勢市に2サイト、亀山市に1サイトで、いずれも太陽光発電開発会社のリニューアブル・ジャパン(東京都港区)との協業となる。同社は、日本アジア投資の投資先でもある。

 伊勢市のサイトは、柏町に立地する出力2.1MWの「伊勢市柏町赤目太陽光発電所」と、同0.9MWの「伊勢市柏町岡山太陽光発電所」。稼働後の年間予想発電量は、前者が約270万kWh、後者が約112万kWh。総工費は、前者が約7.7億円、後者が約3億円となる。

 亀山市のサイトは、白木町に位置する出力1.29MWの「三重県亀山市白木町太陽光発電所」で、年間予想発電量は約152万kWh、総工費は約5億円。

 3サイトとも、太陽光パネルは中国インリー・グリーンエナジー・ホールディング製、パワーコンディショナー(PCS)は日新電機製を採用し、総工費の約8割をプロジェクトファイナンスで調達した。

 売電価格は、伊勢市の2サイトは32円/kWh(税抜き)、亀山市のサイトは36円/kWh(同)で、いずれも中部電力に売電する。

 日本アジア投資は、2018 年3 月までに100MW規模のメガソーラープロジェクトでの売電開始を目指している。2016 年12 月末現在で、投資したプロジェクトは売却済みの案件も含めて29 案件に達し、合計出力は135.2MWまで拡大しているという。

 同社では、「案件が順調に積み上がり、東京証券取引所の上場インフラファンド市場が開設されるなど外部環境が整備されてきたことから、今後は条件次第でプロジェクトを売却し、早期の収益機会を獲得することも検討する」としている。