東芝グループが設計・施工を担当した田原市のメガソーラー
(出所:三井化学)
[画像のクリックで拡大表示]

 東芝エネルギーシステムズ(川崎市)は、太陽光発電システム事業、風力システム事業、IoT技術を駆使した需要家エネルギーマネジメント事業の3部門を統合し、1月1日付で「エネルギーアグリゲーション統括部」を新設した。

 太陽光発電や風力発電、電力の需給管理システムなどの既存事業で培ってきた知見とIoT技術を活用し、太陽光および風力発電所の「デジタル化」を目指すという。

 合わせて、需要家側の負荷および分散電源を効果的に制御するエネルギー管理システム(EMS)を核としたバーチャルパワープラント(VPP)を早期に事業化する。将来的には、「デジタル発電所」とVPPの最適制御によって電力市場全体の供給安定性を高め、統合的なアグリゲーターサービス事業を展開するとしている。

 再生可能エネルギーの大量導入や電力システム改革に伴い、再エネや蓄電池などの分散エネルギー資源と、産業・物流・データセンターや電気自動車(EV)などの需要設備を統合し、需給バランスを改善するエネルギーアグリゲーションサービスの必要性が高まっていることから、関連部門を社長直轄組織として再編した。