トレックス・セミコンダクターは、小容量の電池を搭載した携帯型電子機器に向けたプッシュボタン負荷スイッチIC「XC6192シリーズ」を発売した。携帯型電子機器の出荷テストが完了した後に、電源ラインをシャットダウン状態にすることで長期保管時の消費電力を大幅に削減することができる。さらに、携帯型電子機器のシステムがフリーズした際に、電源をシャットダウンすることが可能だ。これまで省電力化を目的にメイン電源をオフする場合は、マイコンのディープ・スリープ・モードを利用したり、マイコンと外付けのディスクリート部品を使ったりする方法を採用していた。発売したICを使えば、外付け部品を利用せずにメイン電源のオン/オフを制御できるという。具体的なアプリケーションとして、ウエアラブル機器やワイヤレスヘッドホン/イヤホン、補聴器、IoT対応機器、セキュリティー機器、防水機能を備える携帯型電子機器などを挙げている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!