ロームは、2系統の電源入力に対応したLiイオン2次電池用充電IC「BD99954GW/BD99954MW」を発売した。昇降圧型DC-DCコンバーター回路を利用した充電ICで、1〜4セルのLiイオン2次電池を直列に接続した電池パックを充電できる。充電電圧範囲は3.07〜19.2Vである。USB PD(Power Delivery)やACアダプターによるメイン充電に加え、ワイヤレス給電によるサブ充電に、1つの充電ICで対応できるようになる。従来の充電ICでも、メイン充電とサブ充電の2系統に対応できたが、電源経路切り替えスイッチの外付けやマイコンによるスイッチ制御が必要だった。従って、発売したICを使えば、部品コストの削減や、基板上の実装面積の削減、設計負荷の軽減などを達成できるという。ノートパソコンやタブレット端末、スマートフォン、パワーバンク(モバイルバッテリー)、携帯型オーディオ機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!