トレックス・セミコンダクターは、実装高さが0.75mmと低い最大0.7A出力の降圧型DC-DCコンバーターモジュール「XCL223/XCL224シリーズ」を発売した。降圧型DC-DCコンバーターICとインダクター(コイル)を1個のパッケージに収めたモジュールである。パッケージは、外形寸法が2.25mm×1.5mm×0.75mmと小さいUSP-8B04である。同社によると、「最大0.7A出力の降圧型DC-DCコンバーターモジュールでは、業界最小クラスの小型化と低背化を実現した」という。2個の積層セラミックコンデンサーを外付けするだけで、降圧型DC-DCコンバーター回路を構成できるため、プリント基板の実装面積削減や開発工期の短縮を実現できる。ウエアラブル機器や携帯型電子機器、光ケーブルなどに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!