米Vishay Intertechnology社は、−3dBの帯域幅が700MHzと広い小型SPDT(single pole double throw)スイッチIC「DG3257」を発売した。パッケージは、外形寸法が1mm×1mm×0.35mmと小さい6端子μDFN。6端子QFNパッケージ封止品と比べると、実装面積は29%、実装高さは36%削減できる。小型化が求められるスマートフォンやタブレット端末、電子ブック端末、ウエアラブル端末、スマートウォッチ、フィットネストラッカー、携帯型医療機器などに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!