リコー電子デバイスは、最大出力電流が100mAの負電圧対応LDOレギュレーターIC「RP117」を発売した。入力電圧範囲は-10.0〜-2.5Vである。出力電圧は-5.5〜-1.0Vの範囲で、購入時にユーザーが指定できる。リップル除去比が80dB(1kHzにおける標準値)と高く、出力雑音電圧は16μVrms(標準値)と低いため、雑音に敏感な回路や部品の電源に向くという。具体的な用途としては、センサーやA-D/D-A変換器、アンプの電源、オーディオ機器、デジタル・スチル・カメラ、計測機器などを挙げている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!