三菱電機は、最大出力電力が8W(標準値)と大きい衛星通信地球局向けGaN(窒化ガリウム)パワーアンプMMIC(Monolithic Microwave IC)「MGFG5H3001」を開発し、2017年11月1日に発売する。GaN製HEMT(High Electron Mobility Transistor)と同じチップ上に、増幅用トランジスタや整合回路、リニアライザーといった多くの機能を搭載した。このためパワーアンプの最終段に使用する部品点数を削減でき、衛星通信基地局を小型化できるという。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!