米Diodes社は、消費電流の標準値が1μA、最大値が2.5μAといずれも少ない電圧検出IC「APX803L」を発売した。検出電圧は固定で、+1.2〜5.0Vの範囲において0.1Vステップで、IC購入時に検出電圧を選択できる。検出電圧の誤差は±1.5%(最大値)と小さい。マイクロプロセッサーやマイコンなどのスーパーバイザー回路に向ける。電圧を高い精度で監視できるため、それがしきい値を下回ったことを正確に検出し、マイクロプロセッサーやマイコンなどに対してリセット信号を出力できるようになる。コンピューター機器や通信機器、携帯型電子機器、薄型テレビなどに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!