米Integrated Device Technology(IDT)社は、位相雑音が200fs(12k〜20MHzにおける標準値)と小さいクロックジェネレーターIC「8T49N240」を発売した。同社のクロックジェネレーター製品群である「第3世代ユニバーサル周波数変換器(UFT:Universal Frequency Translator)」に含まれるものだ。入出力端子における位相雑音の最大許容量が300fsの10Gビット/秒対応通信機器のほか、40Gビット/秒や100Gビット/秒の通信機器などに向ける。

ここからは会員の登録が必要です。