米Alpha and Omega Semiconductor社は、「USB PD(Power Delivery)」規格に準拠した双方向対応の負荷スイッチIC「AOZ1375」を発売した。最大負荷電流は5Aである。特徴は、オン抵抗が17.8mΩ(標準値)と低いことである。競合他社品に比べると、オン抵抗は約40%減である。USB Type-C端子のほか、Thunderbolt端子にも適用できる。具体的なアプリケーションとして、ノートパソコンやデスクトップパソコン、液晶モニター、パソコン用ドッキングステーションなどに向ける。

ここからは会員の登録が必要です。