東芝は、ファンモーターの駆動に向けたインテリジェント・パワー・デバイスを2製品発売した。+500V耐圧の「TPD4206F」と、+600V耐圧の「TPD4204F」である。3相の直流(DC)ブラシレスモーターの駆動に向ける。最大出力電流は2.5A。パッケージは、実装面積が20.0mm×14.2mmと小さい30端子SOPである。同社従来品に比べると、プリント基板上の実装面積を約50%削減できるという。エアコンや空気清浄機、ポンプなどに向ける。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!