米Diodes社は、実装高さが0.6mmと低い6端子UDFN2020パッケージに封止したリニア方式のLEDドライバーIC「BCR420U/BCR421U」を発売した。同社のリニア方式LEDドライバーICファミリー「BCR4xxU」に含まれる製品である。BCR420UとBCR421Uの違いは、設定可能な出力電流範囲にある。BCR420Uは10m〜200mA、BCR421Uは10m〜350mAである。2製品ともデフォルト値は10mAに設定されている。出力電流の誤差は±10%である。同社によると、「高効率で低EMIの小型LED照明の需要が拡大している」という。具体的な用途としては、広告用デジタルサイネージや、緊急通報用LED照明機器、冷蔵庫や自動販売機の照明、店舗用LED照明器具、装飾用LED照明器具などを挙げている。

ここからは会員の登録が必要です。