JR西日本は、在来線の車両配置箇所に車両状態監視装置を導入する。車両通過時に、電車の屋根上、パンタグラフおよび車輪の状態を自動的に把握するもの。不具合の未然防止や人手による作業の軽減・安全性向上につながるという。装置は三菱電機製。2018年春から16カ所に順次導入していく。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!