パイオニアは、2020年度(2021年3月期)までの5カ年の中期経営計画を発表した。カーエレクトロニクスの市販事業、OEM事業に次ぐ第3の柱として、地図・自動運転事業を推進する方針で、2015年度の実績に対し、最終年度の売上高は13%増の5100億円、営業利益は約4.2倍の310億円(営業利益率6.1%)を目指すとした。

ここからは会員の登録が必要です。