竣工した「阿蘇波野ソーラーエナジーファーム」
(出所:日本アジアグループ)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本アジアグループ傘下のJAG国際エナジー(東京都千代田区)は12月22日、熊本県阿蘇市に「阿蘇波野ソーラーエナジーファーム」を竣工したと発表した。出力約1.9MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)で、民間所有の遊休地を活用した。

 発電事業の主体は、JAG国際エナジーの出資したSPC(特定目的会社)「阿蘇波野ソーラーエナジーファーム合同会社」となる。買取価格は40円/kWh(税別)となる。

 熊本県阿蘇市波野に立地する民間所有の遊休地(原野)、約3万7500m2を賃借し、カナディアン・ソーラー・ジャパン製の太陽光パネル7488枚を設置した。年間計画発電量は、一般家庭600世帯分の年間電力消費量に相当する量を見込む。

 阿蘇山のふもとに位置する丘陵のため、もともと傾斜した地形をそのまま生かすことで、建設コストを下げたという。EPC(設計・調達・施工)サービスは東京エネシスが担当した。パワーコンディショナー(PCS)は東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。