第三発電所を新設、第二発電所を増設
(出所:三交不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 三重交通グループホールディングスの事業会社である三交不動産(三重県津市)は11月18日、三重県伊勢市にあるメガソーラー(大規模太陽光発電所)「伊勢二見メガソーラー光の街」において、出力約2.5MWの第三発電所が竣工したと発表した。

 伊勢二見メガソーラー光の街は、同社の分譲住宅地に隣接する。2013年に、合計出力約5.2MWの第一発電所(約2.2MW)と、第二発電所(約3MW)が稼働を開始していた(メガソーラー探訪の関連記事)。

 第三発電所は、第二発電所の北隣の敷地に立地する。敷地面積は約2.8haで、年間発電量は、一般家庭約850世帯の消費電力に相当する、約300万kWhを見込んでいる。買取価格は、第一・第二発電所の40円/kWhとは異なり、36円/kWhとなっている。

 また、第二発電所を増強し、11月13日に稼働を開始した。従来の約3MWに、出力約300kW分の太陽光パネル、出力250kWのパワーコンディショナー(PCS)を追加した。

 増強分の買取価格は、第二発電所と同じ40円/kWhを適用した。ただ、買取期間は既存分と同時に終了となる。

 第三発電所の新設と、第二発電所の増強によって、伊勢二見メガソーラー光の街の合計出力は、従来の約5.2MWから、約8MWに拡大した。

 施工や設備については、第三発電所、第二発電所の増強分とも、第一・第二発電所を含む、同社のメガソーラーと同様、EPC(設計・調達・施工)サービスに千代田化工建設、太陽光パネルにソーラーフロンティア製、PCSに東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。