「ソーラーパーク新舞子」の位置
(出所:シーテック)
[画像のクリックで拡大表示]

 中部電力グループのシーテック(名古屋市)は、愛知県知多市の廃棄物最終処分場に約12.8MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「ソーラーパーク新舞子」を建設し、10月15日に竣工式を開催した、と発表した。太陽光パネルの設置容量は12.855MW、パワーコンディショナー(PCS)の出力は9.02MWとなる。

 名古屋港管理組合が保有する名古屋港南5区に位置する廃棄物処理場(約21万7000m2)に設置した。埋め立てが終了して覆土した地面に、置き基礎で架台を固定し、4万8328枚の太陽光パネルを設置した。EPC(設計・調達・施工)サービスはシーテックが担当し、パネルは三菱電機製の単結晶シリコン型、PCSは東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を導入した。年間の発電量は、約1500万kWhを見込む。

 今回の発電事業は、名古屋港管理組合が掲げた、長期構想「名古屋港の針路」のなかで、自然を生かした新エネルギー活用や新エネルギービジネスの立地を促進し、温暖化防止に貢献する取り組みとして進めたもの。

 シーテックは、地域活性化への貢献として、(1)地元CATVコミュニティチャンネルを活用した情報発信、(2)新舞子マリンパーク管理棟内に発電量などの表示装置を設置、(3)「名古屋みなと祭」などへの協賛、(4)災害時において電力を無償提供、などを掲げている。