3Dプリンティングの活用として、造形物を型として使う方法がある。いわば、既存工法と併用する間接的な活用だ。鋳造や射出成形、プレス成形など型を使う従来工法は多い。形状の自由度を生かした冷却性能の向上や、3Dデータとの連携による工程短縮を図れる。それでいて、従来工法で使われている材料をそのまま使えるのが大きなメリットだ。

 その中で、金属を鋳造するための砂型を造形できる3Dプリンターを今回は取り上げる。3Dプリンティングで型を造形することで木型を加工するときの工具の干渉や、木型から砂型へ転写するときの抜き勾配といった制約がなくなる。造形後に未硬化の砂を排出することさえできれば、従来は造れなかったような形状の砂型を造形することも可能だ。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら