独創的な製品やサービス、技術などを世に送り出すには、「やりたいことだけをやる」というわけにはいかない。気が進まないこと、もっと言えばやりたくないことであっても、気を入れて取り組まなければならない。

 例えば、いつ成功するか分からない実験を地道に続ける、利害が異なる他の部署と粘り強く交渉する、いかんともしがたい上司を説得する、仕事に真剣に取り組まない部員を厳しく指導する、といったことがあるだろう。こうした「やりたくないことをやる」際の葛藤を、いかに乗り越えていくかが今回のテーマである。

無意識下の欲求を制御する

 「やりたくないことをやる」際の葛藤を乗り越える強力な足掛かりは、論理的思考である。「やりたくない」という感情や欲求は無意識のうちに生じてくるので、「なぜやるべきなのか」「やらない場合、どんな結果を招くか」などを理詰めで考えて、やりたくないという感情を自己コントロールする必要がある。

 しかし、これは「言うは易く行うは難(かた)し」だ。感情や欲求は人間の本性の奥底から湧き出てくるものなので、頭で考えた論理で抑え込むことは極めて難しい(2015年9月号の第8回参照)。ではどうすればいいのか。脳科学の成果を活用しながら探りたいと思う。具体的には、以下の5項目に沿って考察していく。

[1]「欲求」×「選択」からなる「行動の4つの窓」
[2]快楽中枢の発見
[3]ドーパミンの放出が作り出す行動パターン
[4]副交感神経優位のゆったり呼吸法
[5]マインドセットの転換による自己コントロール

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら