世界初の家庭用の自動衣類折り畳み機として注目を集めている「ランドロイド」。乾いた洗濯物を本体下段のボックスに投入すると、画像認識技術や人工知能(AI)、ロボット技術を駆使して、洗濯物の種類を識別し、畳んで仕分けしてくれる。当初は2017年度内の出荷開始を予定していたが、2018年度に延期となった。開発を進めているセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ(本社東京)は、2017年11月下旬に東京都内で記者発表会を開催し、ランドロイドの技術概要とともに出荷延期の理由について明らかにした(図1、2)。

図1 セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ代表取締役社長の阪根信一氏
手にしているのはランドロイドが畳んだTシャツ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら