富士ゼロックスがスマート工場の取り組みを推進している。良品を造るための条件(良品条件)を重視し、その探索に向けてデータを活用していることが特徴だ。

 同社は2004年に「トヨタ生産方式(TPS)」を導入し、TPSに基づいた「Fuji Xerox Production Way(XPW)」を確立してきた。スマート工場の取り組みも、TPSやXPWの思想に基づいているという。

ここからは有料会員の登録が必要です。