宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月12日、小惑星リュウグウの土壌サンプルを持ち帰る小惑星探査機「はやぶさ2」の現状を説明する記者会見を開催した(図1、2)。

図1 JAXAの会見
説明するJAXA宇宙科学研究所准教授でプロジェクト・マネージャーの津田雄一氏(左)と、同准教授でミッション・マネージャーの吉川真氏(右)。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 はやぶさ2の模型
実機は2014年12月に打ち上げられた。
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年12月に打ち上げられた同探査機は2018年8月に目的地のリュウグウへ到着する予定で順調に飛行中。すでに全旅程のおよそ半分を消化した。その間に4項目の新技術の試験をいずれも成功。現在は到着後の探査に向けた、探査チームの訓練を実施中である。

 プロジェクト・マネージャーでJAXA宇宙科学研究所准教授の津田雄一氏は、「これまでの2年半の順調さは素直に喜んでいる。ただし、それが今後の順調を保証しないのも分かっている。さらに気を引き締めてプロジェクトを進めたい」と抱負を語った。

 はやぶさ2は2018年早々からは到着までの最後の山場となる、過去最長のイオンエンジン噴射を実施する予定(図3)。2018年5月には光学カメラでリュウグウを捉える距離に達し、6~7月ごろに目的地近傍に到着予定だ。

図3 はやぶさ2がリュウグウに到達するまで
2014年12月に打ち上げられ、2018年6~7月にリュウグウ近傍に到達予定。2018年早々には過去最長となる第3期イオンエンジン運転が予定される。(図はJAXAの資料を基に本誌作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら