2018年1月9日~12日の会期でエレクトロニクス関連の大型展示会「CES 2018」が米国ラスベガス市で開かれた。米CTA(Consumer Technology Association:全米民生技術協会)が主催する同展示会は、全世界150以上の国や地域から3900を超える出展社、17万人を超える参加者を集める巨大展示会である。

 もともとは民生エレクトロニクスを中心とした展示会ではあるが、ここ数年は家電メーカーや電子部品メーカーだけではなく、トヨタ自動車や日産自動車、ホンダといった自動車メーカーが出展するなど、幅広い業種の企業がブースを構え、一般向けの新たな技術やサービスを公表する場になっている(表)。

表 CES2018にブースを出展した主な日本企業
電子部品メーカーは除く。海外子会社による出展を含む(日経ものづくり調べ。写真はトヨタ自動車社長の豊田章男氏)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら