5枚の写真を見てほしい。誰も乗っていないバイクがふらつくことなく、ゆっくりと移動している。このバイクはホンダが開発した「Honda Riding Assist」だ。同車は、バイク自らが車体のバランスを維持する。本来ならば低速時の走行安定性を高めることが目的だが、写真のような自動走行もできるようになる。さてこの技術は、ホンダが誇るある製品の技術を応用したものだが、それは何か。

[画像のクリックで拡大表示]
[1]ASIMO
[2]HondaJet
[3]NSX

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら