2018年1月11日、「ワンワンの日」に復活したソニーのエンタテインメントロボット「aibo」(ERS-1000)。初代「AIBO」の登場から約20年。新型aiboはカメラやマイク、距離画像センサーなどの各種センサーを搭載して周囲の状況を把握し、AI(人工知能)やクラウドの活用で先代よりはるかに自律性を高めている。写真は新型aiboを分解して撮影した内部構造だ。ちょうど背中の位置に搭載されたこのセンサーの役割は何だろうか?

(分解写真:加藤 康、背景写真:スタジオキャスパー)
[画像のクリックで拡大表示]

[1]周辺マップを作成する

[2]なでなでを検知する

[3]ご主人様との距離を測る

この先は有料会員の登録が必要です。「日経ものづくり」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら