エンジン車を廃止する動きが世界中で突然活発化してきた。フランスと英国の政府は、2040年以降、ガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁止すると発表。インドは2030年までにエンジン車の国内販売を禁止し、巨大市場の中国もエンジン車の生産・販売を禁止する検討に入った。スウェーデンVolvo社は2019年にエンジン車の販売を中止し、新型車のすべてを電動車にする計画だ。

 これまで自動車関連の環境保全手段は、温室効果ガスの排出規制や、税制や補助金による電気自動車(EV)の普及促進が中心だった。今回の動きは既存車の命運を断つ踏み込んだ施策だ。急激な変革を伴う大きな潮流へ発展する可能性が高い。

 EVでは、エンジン車と全く異なる技術体系と業界構造が求められる。機械部品に代わって電気・電子部品の存在感が大きくなり、電気・電子業界に新たな商機が生まれることは確実だ。今回は、エンジン車廃止の影響と商機を議論した(表1)。

表1 「エンジン車廃止の潮流に商機を探る」をテーマにしたテクノ大喜利の回答
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で5月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら