シリコンバレーでは新しいロボットを世に問うスタートアップが次々と生まれている。2017年9月にサンフランシスコで開催された「HAX Demo Day」でも、2社がデビューした。4足歩行の配送ロボットを開発する米Unsupervised AI社と、犬のフンを自動回収する掃除ロボットを開発する米Beetl Robotics社だ。

 イベントを開催した「HAX Accelerator」は、シリコンバレーのベンチャーキャピタル(VC)、米SOSV社が運営するハードウエアスタートアップのアクセラレーターだ。今回の2社とも、HAXの支援を受けてプロトタイプを開発、投資家などを集めたDemo Dayでデモを披露した。

 シリコンバレーからロボットスタートアップが次々と生まれるのは、資金を投じるVCだけではなく、スタートアップによるハードウエア開発や資金調達、マーケティングなどを支援するアクセラレーターがあるからだ。小売店向け在庫確認ロボット「Tally」を販売する米Simbe Robotics社や、出前配達ロボットを開発する米Dispatch Robotics社もHAXの支援を受けていた。

 今回は2社が開発するロボットの紹介だけでなく、数多くのハードウエアスタートアップを育ててきたHAXの戦略も解説しよう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら