米Apple社は、スマートフォンの新機種「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、「iPhone X(テン)」に加えて、腕時計型端末の3代目となる新機種「Apple Watch Series 3」を2017年9月12日に発表した。このうちiPhone 8/8 PlusとApple Watch Series 3を9月22日に発売。日経エレクトロニクスはiPhone 8 PlusとApple Watch Series 3を分解し、専門家と共に分析した。

 米Apple社の新機種「iPhone 8/8 Plus」は、前機種の「iPhone 7/7 Plus」と比べても、見た目に違いはほとんどない。ディスプレーには従来通り液晶パネルを採用し、サイズや画素数すら同一である(表1)。Apple Watch Series 3(以下、Watch 3)も同様で、シリーズ2代目の前機種「Apple Watch Series 2(以下、Watch 2)」と外観はほぼ同じだ。

表1 iPhone XやiPhone 8 Plus、iPhone 7 Plusの主な仕様の比較
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、いずれもいくつかの新機能を追加した。中でもiPhone 8/8 Plusのウリは、iPhone Xと共に、iPhoneシリーズとして初めてワイヤレス(無線)給電に対応したこと。「Qi(チー)」と呼ばれる業界標準規格を採用した。Watch 3に関しては、LTEなどの移動通信機能に対応した点が最大の特徴である。Watch 2で対応していた無線通信は、無線LANとBluetooth、NFC、GPSだった。

 こうした新機能追加によってハードウエア構成はどう変化したのか。日経エレクトロニクスはiPhone 8 PlusとApple Watch Series 3を分解し、テカナリエやフォーマルハウト・テクノ・ソリューションズといった機器などの調査・解析を手掛ける企業、そして技術者らの協力を得ながらハードウエアを分析した。見えてきたのはiPhoneにおける無線給電の搭載に向けた腐心ぶりと、Apple Watchの機能集積が進んだ様子だった。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら