米国サンフランシスコ市から車で南に2時間ほどの「サリナスバレー」の一帯は、全米でも有数の農業地帯だ。地元のサリナス市は、シリコンバレーからも近いサリナスバレーを「AgTech(農業テクノロジー)」の拠点にしようと目論んでいる。

 そんなサリナス市で毎年夏に開催されるのが、米国メディアForbes Media社が開催する「Forbes AgTech Summit」だ。6月に開催された今回の基調講演には米University of CaliforniaのPresidentで、オバマ政権で国土安全保障省の長官も務めたJanet Napolitano氏が登壇し、「カリフォルニア州に、テクノロジーのシリコンバレーと農業のサリナスバレー、2つのバレーがあることは非常に幸運だ。2つのバレーがテクノロジーによる農業のイノベーションを推進していく」と強調した。

 実際はAgTechのスタートアップは全米にあり、シリコンバレーやサリナスバレーに多いわけではないが、サリナスバレーの農場経営者は新技術の導入に積極的で、AgTechスタートアップの試作機のテストなどが行われることも多いという。今回のイベントでも、AgTech分野の企業が全米から集まり、自社の技術を農場経営者にアピールしていた。ここではドローンやロボット関連の展示をいくつか紹介しよう。

ここからは有料会員の登録が必要です。