自動運転車にとってミリ波レーダーは、LiDAR(Light Detection and Ranging)やカメラと並び、車両の周囲を監視する上で欠かせない存在だ。特に、広い検知範囲が必要な交差点における事故防止で、現行車両でも威力を発揮する。今後はミリ波技術の着実な進化を背景に、主力方式は2020年ごろをめどに世代交代しそうだ。

 トヨタ自動車が2017年秋に発売する新型セダン「レクサスLS」で注目すべきは、前部バンパーの左右にミリ波レーダーを搭載した点だ(図1)。車両の前側方を監視するセンサーとして働く。

図1 4個のミリ波レーダーで車両周囲を隙なく監視
トヨタ自動車の新型セダン「レクサスLS」は、車両周囲の4カ所に24GHz帯の準ミリ波レーダーを配置した。特に前側方の2個はトヨタの量産車として初めて搭載する箇所で、交差点での衝突警告や操舵制御による衝突回避などに用いる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「自動運転につながる技術として、全方位を監視できるセンサーを搭載した」。トヨタの専務役員で安全技術開発の責任者を務める伊勢清貴氏はこう語る。後側方を監視するミリ波レーダーは先代LSを含めて多くの車両に搭載されているが、トヨタが前側方の監視用にミリ波レーダーを配置するのは、今回が初めてだ。

 トヨタの安全技術は、「定量的な事故形態のデータに基づいて、交通死亡事故を低減できる技術から優先して導入していく」(伊勢氏)という方針に則る。日本の類型別交通死亡事故は、2016年版の「交通安全白書」(内閣府発行)によると、2015年において「歩行者」(36%)、「車線逸脱」(30%)、「交差点」(21%)の順で多い。既に、歩行者を対象とした自動ブレーキや白線を検知する車線逸脱防止機能は車両に搭載してきた。次に解決すべき課題は交差点事故である。

 今回トヨタは、新型レクサスLSで交差点事故の防止に向けた取り組みに着手したわけだ。前部バンパー左右のミリ波レーダーを使って前側方の状況を把握し、交差点での車両との衝突を防ぐために警告を出せるようにした。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経エレクトロニクス」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら