製造業/ハイテク産業に携わる技術者・研究者の方々に向けた総合情報サイト「日経テクノロジーオンライン」の記事からピックアップして掲載しています。記事の情報は掲載時のものです。

【技術】Continental社の自動運転、運転者を監視して自動停止

 ドイツContinental社は2017年7月13日、高速道路向けの自動運転機能「Cruising Chauffeur」を開発したと発表した。高速道路で交通規制に従って車両を完全自動走行し、出口が近づくとドライバーに運転を引き継ぐように促す。ドライバーの応答がない場合は、安全な区域を探し車両を止める。同社はこうした機能を搭載した自動運転システムの生産を2020年から始める予定だ。

 Cruising Chauffeurは、カメラ、レーダー、LiDAR(Light Detection and Ranging、レーザーレーダー)などから集まるデータを運転支援/自動運転制御ユニット「Assisted&Automated Driving Control Unit(ADCU)」で分析し、前方の移動物体や静止物体のほか、高精細地図と組み合わせて前方道路のレイアウトを認識し、車両周囲360度の環境を把握する。

 ドライバーの注意レベルが低く、光や音などでドライバーの注意を喚起しても運転の引継ぎが不可能だと判断すると、車両は危険回避のために停止行動に移る。普通は自動で路肩に停止するが、路肩が使用できない場合はハザードランプを点灯して安全区域を見つけるか、車線内で停車するまでゆっくりと走行する。 (櫛谷さえ子)

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら