主要自動車メーカーのキーパーソンが、自動運転と電動化戦略を展望する──。2017年10月末に開催された、東京モーターショー併設セミナー「FUTURE MOBILITY SUMMIT 2017」(会場:東京ビッグサイト)では、各社の今後の方向性が示された。

トヨタはEV向け全固体電池を開発

 自動車メーカーとして最初に登壇したのは、トヨタ自動車で燃料電池車(FCV)「MIRAI」の開発を担当した製品企画チーフエンジニアの田中義和氏である(図1)。

図1 トヨタ自動車Mid-size Vehicle Company MS製品企画
チーフエンジニアの田中義和氏

 同氏は「エネルギー多様化時代における環境車戦略〜水素社会実現に向けたトヨタの取り組み〜」をテーマに、これまでのトヨタのハイブリッド車(HEV)への取り組みとともに、トヨタがマツダやデンソーとともに本格的に取り組もうとしているEV(電気自動車)の開発に関して、走行用電池に将来使用予定の全個体電池について述べた。

 「全固体電池は、耐熱性が高いため冷却機構が不要となり、小型化が可能。今後研究開発に注力していく」とする。将来の水素利用については「燃料電池の必要性や水素社会の必然性を検討した上で、研究開発を進めている」という。次世代の燃料電池スタックや水素タンクなどを内製で開発している。

 2017年1月にスイス・ダボスで開催された“水素版ダボス会議”で発足した「Hydrogen Council」(水素協議会)にも触れ、世界的なエネルギー・運輸・製造業の企業が発足当初の13社から27社に増加するなど、水素社会の構築に向けた、トヨタを含めた世界的な協業が進んでいることを強調した。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら