電気自動車やプラグインハイブリッド車の航続距離の延長で、大きなカギを握るのが次世代電池。その有力候補の一つが固体の電解質を使う全固体電池だ。電解質中でのイオンの流れやすさ(イオン伝導率)を高めるために、従来は高価なゲルマニウム(Ge)や不安定になりがちな塩素(Cl)を含む特異な組成を用いるなどしていた。東京工業大学教授の菅野了次氏らは、Ge不要で安定性の高い固体電解質を見つけ出した(図)。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら