神戸製鋼所は、通常の鋼板用アークスポット溶接機を使ったアルミニウム(Al)合金と高張力鋼板の接合法を開発した。異種材料で構成する量産車のボディー骨格への適用を想定する。現行の機械的接合法に比べて接合部の強度は高く、接合コストは同程度に抑えられる見通しだ。2020年以降の実用化を目指す。

 現在、日本車のボディー骨格は高張力鋼板を使うのが中心で、Al合金とのスポット溶接法は実用化されていない。ただし、厳しくなる世界の燃費規制に対応するためにボディーの軽量化を進めるには、鋼板を使うだけでは限界が来る。

 異種材料構成のボディー骨格を、2020年以降の日本の量産車に適用するには、初期投資を抑えられる接合法が必要になる。現行の設備を大きく変更しなければならない接合法は、日本の自動車メーカーに受け入れられにくい。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら