ドイツAudi社が「レベル3」の自動運転機能を開発し、旗艦セダン「A8」に搭載する(図1)。自動運転中の事故の責任をメーカーが負うリスクを果敢に取って、Audi社が自動運転時代の先駆者たることを示した車両だ。「レベル2」の車両と異なり3次元レーザースキャナー(LiDAR)採用し、事故のリスクを抑え込む。

図1 「A8L」の外観
全長5170mmの標準車A8よりホイールベースが130mm長いA8L。
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年以降に、レベル3の自動運転機能「AI traffic jam pilot」をオプションで発売する計画だ。まずはドイツに限定する。A8の発売自体は2017年秋を予定する。同年内の購入者がレベル3の機能を後から追加できるのかは「未定」(Audi社)である。2017年9月頃に詳細を明かす。

 米Tesla社が、レベル3の自動運転機能を近く導入することを示唆していた。どちらが「世界初」の量産車の称号を勝ち取るのか予断を許さないが、発表ではAudi社が先んじた格好だ。

 ドイツが国を挙げてTesla社に勝ることを後押しした。2017年5月に、ドイツ議会が同国の道路交通法の改正案を可決。自動化した車両の運転者がステアリングホイールから手を離し、他の作業をすることを法的に認めた。

 A8のレベル3は、中央分離帯のある自動車専用道路の同一車線を60km/h以下で走るときに、運転者に代わって運転操作を引き受けるもの。インパネ中央の「AIボタン」を押すと、レベル3の機能が作動する。

 同機能が作動している間は発進と加減速、操舵を自動で制御し、「運転者は注意して見守っている必要はない」(Audi社)。ステアリングホイールから手を離して車載モニター上でテレビを閲覧することを許し、作動中の事故の責任をAudi社が負う。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経Automotive」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)登録で6月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら